ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ検事!?〜

韓国ドラマ「ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ判事!?〜」全話あらすじ&ネタバレまとめ

熱血判事×クール判事が追い求める正義と愛!
INFINITEのエルがツンデレ判事を演じた人気作「ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ判事!?〜」

弱きを助け強きをくじく法廷を夢見る新米判事と、裁判には情は不要と考える個人主義のクール判事。真逆の思考を持つ2人が様々な裁判を通じて影響を与え合い、成長していく姿を描いた法廷ロマンス!

この作品の各話のあらすじや見どころを一気にご紹介していきます!
※重要なネタバレが含まれていますので未視聴の方はご注意ください。

目次

「ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ判事!?〜」を無料で視聴したい方はこちら!

韓国ドラマ「ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ検事!?〜」日本語字幕付動画を無料で視聴する方法をご紹介!あらすじや見どころも!2018年に作成された韓国ドラマ「ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ検事!?〜」 熱血判事とエリート判事が繰り広げる本格派リーガル・ラ...

各話のあらすじ&ネタバレをご紹介!

それでは、各話のあらずじや見どころをご紹介です!

※ネタバレが含まれる部分もありますのでご注意ください!

第1話 初恋相手が同僚に!?

ソウル中央地方裁判所民事44部の若きエリート判事バルンは出勤中の地下鉄で高校時代の初恋相手チャオルムと再会。彼女はバルンと同じ民事44部に配属され、判事として初出勤するところだった。チャオルムが久しぶりの再会を喜ぶ一方、バルンは平静を装う。だが実は彼女との再会にドキドキしていて・・・。

第1話の見どころ!【ネタバレありです】

再開した初恋相手チャオルムにクールを装いながら、握手を求められると固まる”人付き合いベタ”バルンに序盤から心くすぐられます。一方で、高校の同窓と言うだけで裁判での善処に圧力をかけてくる議員を一蹴する清廉潔白さがヒーローのよう!部長判事から小言を食らったチャオルムを気にかけ、「部長の話は気にすることはない。でも参考にはなる」と助言。さりげない優しさが随所に漏れてしまうツンデレっぷりにワクワクします!

第2話 判事はつらいよ

初めての裁判に望んだチャオルムは、原告たちの訴えを聞きながら涙ぐむなど感情をあわらにしてしまう。ハン部長は呆れ返り、バルンは彼女の判事らしからぬ行動を指摘。そんな中、バルンと夕食を食べていたチャオルムが疲労で鼻血を垂らす。バルンは心配のあまり叱責し、嘘をついて仕事を肩代わりする。

第2話の見どころ!【ネタバレありです】

チャオルムのおかげで苦手な飲み会にも出席し、早速泥酔するバルン。テニスサークルにまで参加し、飛んできたボールからチャオルムを守ろうとして顔で受け止めるという運動オンチぶりに爆笑!それでも、仕事にこん詰めるチャオルムを案じ、「僕なら30分で出来る」と厄介な仕事を代わってやる。「僕たちはチームだ」と話す良き先輩っぷりに惚れてしまう!チャオルムがこだわった焼肉店訴訟裁判の結末にはもらい泣き必須です!

第3話 他人事じゃない

民事44部が大企業のセクハラ裁判を担当することに。そんな中、バルンに自らのセクハラ被害のトラウマを打ち明けたチャオルム。裁判では会社側の証人の誰もがセクハラで懲戒解雇された部長を擁護し、被害者である女性インターンを避難。バルンとチャオルムはこの状況に違和感を覚えるのだった。

第3話の見どころ!【ネタバレありです】

遅くまで仕事をするバルンだが、先に代謝したチャオルムが暗い時間のエレベーターを苦手とすることを思い出すと、急いで後を追う。約束があったとエレベーターに一緒に乗ってやるバルンだが、その様子からウソはバレバレwそんな彼の配慮にチャオルム動揺見ているこちらまで温かな気持ちになります。「君が頑なな態度だから僕は疑問を提起する。別の視点はないのか、見逃しはないのか」と彼女に話すバルン。知性派男子最高の瞬間です!

第4話 パワハラ上司

ホン判事は妊娠中にも関わらず上司のソン部長判事に激務を強いられている。ホン判事を新倍するチャオルムの訴えを聞いたバルンは主席部長にソン部長の横暴について意見する。だが逆に、これまでのチャオルムの行動は懲戒処分に値すると言われ、言葉を失う。バルンはチャオルムを守るため彼女を制止しようと考える。

第4話の見どころ!【ネタバレありです】

トイレでチャオルムの悪口を言う同僚に代わる代わるぶつかり汚すバルン&ボワン。すれ違いざまにグータッチをする2人の関係祭がステキです。仕事への不満をタクシーの運転手に愚痴るも、逆に諭され「甘ったれでした」と詫びるバルンもまたステキ。チャオルムに「他人に興味を持ったことがないでしょ」と言われ、内心「興味がなければ楽なのに」とつぶやくバルン。彼女を守ろうと「言うことを聞け!」と声を荒げる様にドキリ。

第5話 1人より2人で

判事は法の下で戦うべきだというバルンの助言で、ソン部長判事の責任を追求する判事会議を開く決意をするチャオルム。会議を開くには在籍判事の半数以上の出席が必要と知り、バルンと共に説得に奔走する。一方、ソン部長は入院中のホン判事に謝罪するが、裏では計略を巡らせていた。

第5話の見どころ!【ネタバレありです】

主席部長に直訴しようとするチャオルムを手で遮る”通せんぼ”バルン。「ちゃんと問題提起しよう」と正攻法を提示する強い眼差しがかっこいい!2人に絆や信頼が築かれていく過程が描かれる回です。「ともに働く仲間が日々感じている挫折や侮蔑」を解決したいとチャオルムに手助けしていくバルンが頼もしく、「仕事仲間の応援は嬉しい。あなたの助けが一番・・・」と言いかけるチャオルムに、「え?」となるバルンもかわいい!

第6話 淡い恋の旋律

バルンは新聞社に大学時代の写真の削除を求める裁判を起こしたカン国会議員の聞き取りを開始。そんな中、バーでピアノを引くチャオルムを見たバルンは、彼女とであった高校時代を思い出す。後日、バルンはチャオルムの先輩でNJグループの後継者ヨンジュンから、彼女が家庭の事情で苦労していると聞く。

第6話の見どころ!【ネタバレありです】

ドヨンに心奪われるボワンをからかいつつ、自身もちゃへの想いが膨らんでいくバルン。高校時代の初恋エピソードも明らかに!そして彼女の過去を知りたいバルンは、それを右陪席だからでもチームだからでもなく、「好きだから知りたい」と真っ直ぐに想いを伝えるのでした!恋には不器用だと思っていたバルンが、意外にも早く告白する展開にドキドキ!「知りたいと思う気持ちも好意の表れだから」と話す彼に返したチャオルムの返事に注目です!

第7話 ギクシャクする2人

チャオルムがバルンからの告白を断り、2人の間には気まずい雰囲気が。法廷では生前贈与をめぐる骨肉の争いが繰り広げられていた。チャオルムが家族は力の源だと話す一方、失業した父親を持つバルンは家族に対して冷ややかで、意見が衝突。そんな中ドヨンとの接点がほしいボワンがバルンたちを食事に誘う。

第7話の見どころ!【ネタバレありです】

机を並べて仕事をする仲なのに告白により、ギクシャクしてしまうバルンとチャオルム。「仕事に集中しよう。僕は豆腐のメンタルじゃないぞと」平気なふりをするバルンの”大人”な対応が切なくもあり、降られながらもチャオルムの誕生日に贈り物を用意。「家にあった」「道で拾った」などと渡す際の言葉を考えては違う違うと首を振るw。当日の帰り際、「買ってみたんだ」と手渡す。この言葉のチョイスにトキメキます!

第8話 バルンの悩み

飲み会でチャオルムにタイプではないと言われたことを思い出したバルンは、彼女がヨンジュンと電話で話す様子をみて面白くない。チャオルムは風邪気味で仕事をするバルンを気遣うが、彼の態度は冷たい。そんな中、ストレスでうつ病になったエリート会社員が勤め先を訴える。バルンは原告に感情移入してしまう。

第8話の見どころ!【ネタバレありです】

ヨンジュンの電話について説明するチャオルムに「僕に説明する必要はない」「僕はただの右陪席だ」と拗ね気味のバルンがかわいい。ヨンジュンからもあった贈り物はお繰り返したチャオルムだが、バルンの贈り物の香水は早速つけている。これは脈アリか?彼女の母の病院から連絡が来た際、一緒に背負おうと申し出るバルン。「僕は右陪席じゃないか、チームだから」と6話とは別角度からの告白にシビレます!

第9話 僕にまかせて

母のためにギターを弾いてくれたバルンに感謝を伝えたチャオルムは、彼の本音が気になりドヨンに遠回しに相談する。巷では判事出身の弁護士と裁判所の癒着疑惑が問題視されていた。無知な世間の人々が悪いと話すクォン部長判事に反発するチャオルム。そんなの彼女の姿を受け、どうすべきな悩むバルン。

第9話の見どころ!【ネタバレありです】

難しい案件の主任裁判官がチャオルムからバルンに変更となるが、実は残業続きの彼女を案じて陰でバルンがハン部長に申し出たことだった。しかしチャオルムには黙っていてほしいと頼んでいたのです!彼女に気づかれぬよう補佐するバルンのやり方が”理想の先輩”すぎる!一方で、急病になった母のためにバルンが病院にコネを使う場面も印象的。自分も不正をしたことに気づき、泣きながら他の患者に詫びる姿がぐっときます。

第10話 おかしな力関係

カム部長判事が逮捕された一件で検察に呼び出されたチャオルムは、事実を誇張して勝訴しようとする検察の思惑を知る。その後、担当した裁判でも陰で力が働いている事に気付くが、太刀打ちできない無力な自分を責めて自暴自棄に。彼女が苦しむ姿が見ていられないバルンは、優しく声をかけるが・・・。

第10話の見どころ!【ネタバレありです】

不条理なことばかりで心が壊れかけるチャオルムの肩に手を置き、落ち着かせようとするバルン。判事の資格はないと泣きじゃくる彼女を飲みに誘い、こう話す。「僕は正解に縛られる人間だ。でも君は失敗を恐れず新しい答えを探す。だから(裁判所で)必要とされている」。なんてステキな肯定の言葉でしょう!
反発していた父との関係にも変化が見えてきます。父に助言を求め、それを咀嚼するバルンの答えを見つけたような表情に注目です!

第11話 愛がほしくて

接着剤中毒の少年による接頭辞家の担当をすることになり、保護者の牧師から接着剤中毒の深刻な実態を聞いたチャオルムは、青少年を非行から守るべくバルンと協会へ。そこで暮らす子どもたちが家族に傷つけられた過去を持つことを知る。そんな中、ヨンジュンがNJグループの財力で子どもたちを援助すると言い出す。

第11話の見どころ!【ネタバレありです】

無謀な行動に出るチャオルムに、「止めでも無駄だろ」と告げ、行動をともにするバルン。ハン部長から問われると、「僕は約束したんです手伝うと。彼女が失敗出来るように」と回答。誰の前でも味方になってくれる、この頼もしさにキュンとします!協会で子供たちと遊んでやるお兄さんな一面もとってもステキ!ヨンジュンと海外視察に行くはずだったチャオルムが行かずに戻ってくると、嬉しさが隠せず顔が緩みまくるバルンも最高です!

第12話 もう一つの恋

民事部に刑事部の事件が回され、酔った老人たちによる飲酒がらみの裁判が続く。酒のせいで迷惑をかける人々が許せず、被告人に重罪を下そうとするバルン。チャオルムに誘われて、飲酒による事件が多発する理由地を訪ねることに。一方、ボワンはドヨンと2度目のデートに出かける。

第12話の見どころ【ネタバレありです】

刑事事件を担当し、いつもと違った判断を求められるバルンとチャオルム。自分の信念と現実の間で葛藤し、互いにぶつかりながら事件に取り組む姿は、胸にぐっとくるものがありますね。
判決に落ち込み、珍しく酒を浴びるように飲んでしまうバルン。そんな彼をチャオルムが開放するのですが、彼女の膝枕で眠ってしまうバルンが母性本能をくすぐります!「時々は迷惑をかけてください、私に」という彼女の言葉に固まるバルン。2人の関係が大きく前に進んでいくことが想像できますよね!

第13話 誕生日に乾杯

ユン実務官の誕生日を祝うために民事44部の女性陣がクラブへ。ボワンからチャオルムもその場にいると聞いたバルンは、急いで駆けつけるが・・・。後日、レジデントが大学病院の准教授を準強姦で訴えた裁判が開かれる。被告人の教授はNJグループ会長の娘婿で、ヨンジュンの義兄にあたる人物であった。

第13話の見どころ!【ネタバレありです】

チャオルムに私のどこが好きかと問われたバルンは「君を見ていると心がざわつく。僕と全然違うから」と返す。「衝突するたび自分の多々シイと思っていたものに疑念を抱き、ムカつくこともあった最初は”それでも好き”だと思ったけど、今は”だから好き”だ。君のおかげで自分自身を見つめ直せる」。穏やかな口調、柔らかな笑顔で答えるバルンがあまりにもステキすぎる!チャオルムの返事も含め、理想の検事コンビが誕生する瞬間です!

第14話 最高の味方

懲役4年の判決を言い渡された教授は法廷で倒れ、無実を訴えて自殺を図ろうとする。さらに、教授の妻が自殺未遂を起こしたというニュースが報道され、チャオルムは自分が下した判決が間違っていたのではないかと自責の念に駆られる。チャオルムへのバッシングが続く中、バルンはヨンジュンの元を訪れる。

第14話の見どころ!【ネタバレありです】

窮地にチャオルムをどうにか救いたいバルン。ヨンジュンに助けを求めた彼はこう話す、「僕のような判事は多いが、彼女のような判事はいない。裁判所に必要な人だ」と。彼女への深い愛と理解にヨンジュンがジェラシーを燃やすのも納得ですね。結局何もしてあげることができなくてもどかしいバルンですが、チャオルムは「私のために、そばにいて」と泣きながら彼の肩に顔を埋めます。苦しい状況だからこそ見えてくる愛に感動です!

第15話 どこまでも君と

提出した辞表をハン部長に破り捨てられたチャオルム。だが、判事を続ける自信をすっかり失っていた。バルンは彼女を”旅行”という名の自転車デートに誘い、思い出の場所へと案内する。そして、自分の退職届を手渡し、どこにでも一緒に行くと伝える。そんな中、ソン部長判事はチャオルムの協会委員会を開こうと企む。

第15話の見どころ!【ネタバレありです】

バルンがチャオルムを連れて行ったのは、彼女と初めて出会った場所。彼女がどれだけ勇敢な少女だったか、その時抱いた印象を話すのだが、だからこそバルンはその時も今もチャオルムが好きなのだと納得します。そして、「問題児の左陪席には右陪席が必要だろ」と、判事を続けるのも辞めるのも一緒だという意思を伝えます。これってまるでプロポーズ!?。そんなバルンに不意打ちのキスをするチャオルム。思わず固まってしまうバルンとイタズラに笑うチャオルムのカップルに元気をもらえます!

第16話 ハンムラビ法廷

懲戒委員会が目前に迫り、バルンとボワンはチャオルムの懲戒処分に反対する署名活動に奔走。チャオルムは判事として最後の仕事になるかもしれない国民参与裁判の準備に専念する。そして、チャオルムの聞きを知ったホン判事が裁判所の掲示板でソン部長の告発文を掲載。やがてNJグループの悪事の真相も明らかになっていく。

第16話の見どころ!【ネタバレありです】

不条理な状況に怒り、部下のチャオルムを守るため上に楯突くハン部長の行動に胸が震えます!そして、チャオルムを助けるべくバルンをはじめ若井健二やスタッフたちが仲間になっていく展開は胸が熱くなります!チャオルムがこれまで助けてきた被害者たちも声をあげ、世の中を変えようとしていく展開はまさに痛快!そしてみんなでチャオルムを守ろうとする姿が温かで涙が止まりません。「人を理解するには、相手の立場から考えてあげる。」その素晴らしさを映し出した感動のラストになっています!

感想&まとめ

韓国ドラマでは定番となっている法廷ものですが、本作では、セクハラやパワハラ、生前贈与の関する親族の争いなど大きな事件ではなく、身近にある題材を取り上げていることも特徴です。

裁判が進む中で浮かび上がる普通の人々の問題を判事という立場ながら親身になって対応していくチャオルムと彼女に救われる人々とのやりとりにホロリと来ます。

もちろんチャオルムとバルンのラブストーリーもキュンキュンの連続!クールなエリート判事であったバルンが、不器用にも彼女を想いながら、信念を貫ことするチャオルムに影響されて、彼自身も代わっていく姿がステキで公私ともに最高のパートナーとなっていく展開は見応え充分!

また、彼らの上司であるハン判事とのやり取りや、同僚判事であるボワンとミステリアス美女ドヨンとの風変わりな恋愛事情などサイドストーリーも楽しめる作品でした!

改めて「ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ判事!?〜」を楽しみたい方は、こちらの記事でおトクな視聴方法をご紹介していますのでぜひご覧になってください!

韓国ドラマ「ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ検事!?〜」日本語字幕付動画を無料で視聴する方法をご紹介!あらすじや見どころも!2018年に作成された韓国ドラマ「ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ検事!?〜」 熱血判事とエリート判事が繰り広げる本格派リーガル・ラ...

以上「韓国ドラマ「ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ判事!?〜」全話あらすじ&ネタバレまとめ」でした!

K-lover

映画やアニメ、特撮ドラマから韓流ドラマまで様々な動画をオトクに視聴する方法をご紹介するブログです。